日常生活に支障をきたすような痛みやしびれでお悩みの方は立川市錦町オアシス整体院へ、TEL042-523-6134

News

ニュース

腰痛症

Featured Video Play Icon

腰痛症 腰痛症には、一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる急性腰痛症と、3ヶ月以上痛みが弱くなったり強くなったりを繰り返す「慢性腰痛症」があります。また、 腰痛症は男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、その数は増加傾向にあります。 急性腰痛症は不意の動作、とくにひねり動作で急に起きることが多く、慢性腰痛症は日常生活での腰の筋肉の疲労や血行不良などが原因です。他に特定すべき疾患がなく、内臓疾患を含むほかの重大な病気が原因ではない場合、腰痛症という診断がなされます。

坐骨神経痛

Featured Video Play Icon

坐骨神経痛 まず、知っておいていただきたいのは坐骨神経痛とは、病名ではなくあくまでも症状名(坐骨神経の走行に沿い痛みや痺れが出ている状態)だという事です。一つの原因だけではなく様々な原因により下肢に痛みやしびれが起こっているということなのです。 主な原因は、腰痛症・腰椎椎間板ヘルニア・梨状筋症候群、高齢者の方は腰部脊柱管狭窄症や腰椎圧迫骨折の場合もあります。坐骨神経痛は中高年の方に多く見られ、お尻や太もも、すね、足や足の指にかけて、鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、締めつけ感などの症状があらわれます。 人によっては、靴下が履けない、顔が洗えない、座れない、少し歩いただけで痛みが出て歩けなくな…

肩こり

Featured Video Play Icon

一番多い肩こりの原因は、「全身を使わないことから起こる筋肉の疲労」 便利になった現代社会における日常生活の副産物として、「生活習慣の乱れ」 「運動不足」 が、あげられますが、肩こりの原因の中で、一番多くみられるのは「筋肉の疲労」によるものです。 デスクワーク等による「長時間での同じ姿勢」、これに伴う「不良姿勢」「机と椅子のアンバランス」「不良姿勢による長距離運転」など、“全身を使わず、同じ筋肉のみ使いつづける”結果、筋肉が疲労をおこし、肩こりの原因として多くあらわれるのです。 動画

ぎっくり腰

Featured Video Play Icon

ぎっくり腰 突然腰に痛みが走り、ひどい場合はしばらく立ち上がれないほどの痛さになる疾患を俗にぎっくり腰といいます。 正式疾患名は「急性腰痛症」。慢性腰痛とは異なり、瞬間的または数時間で非常に強い痛みになるのが特徴です。 ぎっくり腰の誤解 一般的には重たいものを持った時にグキッと痛みが走るというイメージですが実際には重いものを持っていうケースは*ほとんどありません。 大抵の場合は、何かモノを拾おうとした時、椅子から立ち上がろうとした時、朝、顔を洗おうとした時などや、中にはクシャミ・咳をした時や寝起き・寝返り時のような場合などです。 それでは、何故そう思われているのでしょうか? あまりにひどい痛み…

疲れ・ストレス

寝違え

頭痛

腰椎分離すべり症

腰部脊柱管狭窄症

変形性膝関節症