梨状筋症候群とは

梨状筋症候群は臀部に存在する梨状筋坐骨神経の関係で発症します。
症状は臀部から太もも裏面に痛みやしびれが坐骨神経痛として起こることが多くみられ、ときにふくらはぎや足の先にまで症状が出ることがあります。
梨状筋は骨盤の仙骨の前面から始まり、太ももの骨の大転子という部位に付着します。
その際骨盤の出口のところで、梨状筋という筋肉とのトンネルを通ります。
その梨状筋になんらかの負担がかかって硬くなってしまうと、臀部にに痛みを起こしたり、側を通る坐骨神経を圧迫しびれがでてきます。
このような病気を梨状筋症候群といいます。