日常生活に支障をきたすような痛みやしびれでお悩みの方は立川市錦町オアシス整体院へ、TEL042-523-6134

News

ニュース

梨状筋症候群

梨状筋症候群とは 梨状筋症候群は臀部に存在する梨状筋と坐骨神経の関係で発症します。 症状は臀部から太もも裏面に痛みやしびれが坐骨神経痛として起こることが多くみられ、ときにふくらはぎや足の先にまで症状が出ることがあります。 梨状筋は骨盤の仙骨の前面から始まり、太ももの骨の大転子という部位に付着します。 その際骨盤の出口のところで、梨状筋という筋肉とのトンネルを通ります。 その梨状筋になんらかの負担がかかって硬くなってしまうと、臀部にに痛みを起こしたり、側を通る坐骨神経を圧迫しびれがでてきます。 このような病気を梨状筋症候群といいます。

股関節痛

胸郭出口症候群

Featured Video Play Icon

胸郭出口症候群 胸郭出口症候群キャッチ 筋肉が血管、神経の通りみちを圧迫しておこる胸郭出口症候群 腕や手のしびれを感じたら 胸郭出口症候群イラスト なで肩の女性に多いといわれているのが 『胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)』です。 しかし、実際は、男性にも多くみられ、格闘技など斜角筋(首を支える筋肉)や小胸筋(大胸筋の下層部にある筋肉)を鍛えている方にもよく起こります。 血管や神経を圧迫しているしている部位によって、 A:斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん) B:過外転症候群(かがいてんしょうこうぐん) その他、などに分類されることがあります。 胸郭出口症候群は、いろいろな…

頸肩腕症候群

腰椎椎間板ヘルニア

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

膝痛