坐骨神経痛

まず、知っておいていただきたいのは坐骨神経痛とは、病名ではなくあくまでも症状名(坐骨神経の走行に沿い痛みや痺れが出ている状態)だという事です。一つの原因だけではなく様々な原因により下肢に痛みやしびれが起こっているということなのです。

主な原因は、腰痛症腰椎椎間板ヘルニア梨状筋症候群、高齢者の方は腰部脊柱管狭窄症腰椎圧迫骨折の場合もあります。坐骨神経痛は中高年の方に多く見られ、お尻や太もも、すね、足や足の指にかけて、鋭い痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、締めつけ感などの症状があらわれます。

人によっては、靴下が履けない、顔が洗えない、座れない、少し歩いただけで痛みが出て歩けなくなる等の症状が出ることもあります。

もしあなたが、整形外科等の診断で手術の必要までなく薬・電気治療・ブロック注射などを続けていてなかなか痛みが取れないとお嘆きでしたら、安心してください十分整体にて症状が良化する可能性があります。なぜなら、このような場合、腰痛と同じように血流の悪さや筋肉の拘縮、骨格の歪み(坐骨神経痛の場合特に仙腸関節の問題)などの検査でははっきりとその原因が分からないカラダのメンテナンス不足が大半だからです。

たとえばケガならば炎症を抑え、痛みを抑えていれば日に日に自然治癒力で良くなっていきます、しかしカラダがその自然治癒力を発揮できない状態にあれば痛みを抑えていても一向に良くなっていきません。その自然治癒力を発揮できる状態へ戻していくのが整体なのです。実際多くの方の痺れや痛みが良化しています、ぜひ一度ご相談ください。